妊娠

生搾りの青汁とは

多くの青汁製品が販売されています。
ドラッグストアや通販やネットなどいろんな方法で購入することができて、選択肢がとても増えました
商品がたくさん増えたことで、どれも青汁なら同じと思ってしまう人が多いでしょう。
しかし各会社によって、特徴が異なり青汁の味だけでなく、目的に応じて栄養素が異なって作られている商品もあります。

中でも最近注目されているのが、生搾りの青汁です。
青汁には食物繊維やビタミン、ミネラル、カルシウムなど多くの栄養素が含まれています。
どれも普段の食生活で不足しがちな栄養素としてあげられるものばかりです。

コンビニや飲食店が増えたことで、食生活が乱れてしまっている人も多いです。
栄養バランスがいい食生活を送ることが健康に一番大事な事だと言えます。

そこで栄養素をしっかりとれるような商品をどのように作るのかこだわり抜かれています。
その一つの方法が生搾りという方法です。

青汁の場合、ほとんどが粉末状になって販売されています。
それを水や牛乳などで溶かして飲む人がほとんどです。
青汁の原材料となる多くの緑黄色野菜を加熱して栄養素を絞り出し、水分を蒸発させることで粉末状になります。
その際加熱してしまうと、ビタミン類などがどうしても減少してしまいます。

せっかくの栄養素をすべて吸収するためには、生の状態で栄養素を絞り出すのが一番です。栄養素が壊れない低加熱や非加熱にこだわって製法されています。
特に熱に弱い酵素をしっかり残しながら商品化するためには、生搾りが一番効果的です。
自分で青汁を作ってみても良いでしょう。

生搾りの場合、苦みもそのまま残ってしまい飲みにくいのではと不安に感じる人もいるでしょう。
生搾りの中でも低温でスプレードライ製法によって作られた青汁は、苦みやえぐみが取り除かれていて、飲みやすく作られています。
また生搾りの場合は、あらかじめ原材料で苦みが少ない明日葉や大麦若葉が使用していることが多いです。
はじめて青汁を取り入れる人は、製法にも注目して選ぶとより豊富な栄養素を吸収することができます。