妊娠

青汁の種類について

青汁は健康にいいものと認識している人がとても多いです。
しかし実際毎日の生活に取り入れているという人は、大多数ではありません。
その理由として一番考えられるのが、味ではないでしょうか。

実際に飲んだことがある人もない人も、青汁は苦くてまずいというイメージがとても強いです。
最近では種類も豊富に販売されていて、原材料の違いや形状の違いなど多種多様になっています。
そのため自分に合った青汁を見つけやすくなっています。

青汁の商品の種類が多ければ多いほど、どれを選んだらいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。
そこで選ぶポイントの一つとしてどのような種類があるのかを知っておきましょう。
どの青汁も基本的な栄養素はとても似ています。
豊富な食物繊維、ミネラル、ビタミン、カリウムなど不足しがちな栄養がバランスよく含まれています

栄養素の違いは、緑の野菜で何をメインに使用しているかです。
具体的には、ケール、明日葉、大麦若葉、桑の葉などがあげられます。
それぞれ栄養素や味などの特徴が異なるため、青汁の種類が異なります。

最も栄養素が高いもので注目されているのが、ケールです。
ケールは野菜の王様といわれるほど栄養素が高くビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富です。
ただし苦味やくせが強いのが特徴で、苦みが強い青汁になりやすいです。

ケールに引けを取らないほどの栄養素で、飲みやすさが感じられるのが大麦若葉です。
また大麦若葉にしか含まれていない酵素があるのも特徴の一つです。
青汁の原材料の中で最も飲みやすい成分なため、人気が高い原材料です。
飲みやすさを重視して作られている青汁に使用されていることが多いです。

明日葉という名は、高い生命力から付けられています。
栄養素が高く、カルコンというポリフェノールと同様の働きをする成分が豊富に含まれています。
大麦若葉の青汁同様、癖が少ないため原材料として使用されることが多いです。
またドリンクタイプが苦手な人には、錠剤などのサプリメントも人気が出ています。
どこでも飲みやすく、持ち運びもしやすいのでお勧めです。